目黒の不動産が変わる 賃貸住宅のオール電化

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

目黒 不動産

ビル

目黒の不動産が変わる 賃貸住宅のオール電化

リーマンショック以降、目黒の不動産価格、とりわけ賃貸価格は下落を続けていた。
そこで、不動産オーナーが、所有する賃貸物件に変化が出てきている。
その中の一つが「オール電化物件」だ。
ガスを使わないオール電化は、火事が起きにくい安全性、お得な電気料金が利用できる経済性、家庭でのCO2排出を抑制する環境性が売りだ。
新築の一戸建てに採用されることが多いのだが、なぜ集合住宅である賃貸物件に採用されるようになってきているのだろうか。
一つは、上記にあるようにオール電化が一般的な設備になりつつあることと、入居者も短いスパンで住む賃貸だからこそ気楽な気持ちで、初めてのオール電化を体感できることがマッチしていたのだ。
それだけではない。
火事になりにくいという入居者に魅力的な安全性、それは物件の火事・消失といった損害を回避することにつながり、目黒の不動産オーナーにとってもメリットが生まれたのだ。
入居者・不動産オーナー双方にウィンウィンなことが賃貸の「オール電化物件」が増えている大きな理由なのである。